スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純情息子の体育大会

今日は息子の中学校の運動会です。私は仕事が入っていたのですが、以前から友人たちに男の子は中学になったとたん運動会も参観日も「来るな!」と言うからこっそり見に行ったよ、という話を聞いていたので

 「17日、仕事なんだ。行けないけどいいよね。」

 「うそだろ。絶対来てよ!」

 あれ、そうなの?

 というわけで、仕事を他の人に代わってもらい、今日は運動会の見学です。もっとも「運動会」ではなく、「体育大会」なんだそうですが・・・。

絶好の運動会日和で快晴でしたが、午前中は風もあり、日陰に入れば涼しいくらいでした。

 息子の中学もご多分に漏れず、個人種目はほとんどありません。80m走くらいでしょうか。後はほとんどクラス全員が出場するリレー形式です。そのリレーも10mくらいのリレーゾーンがあり、前走者と次走者との都合で手前で待ったり、うんと先で待ったりと工夫されていました。

 息子が一番気にしていたのは30人で跳ぶ長縄跳び。体の大きな息子は縄の回し手です。練習では20回がやっとだったそうで、何とか30回跳びたいといっていました。本番では見事36回を記録しました。ちなみに優勝記録は147回。

 さて、お昼はというと、子供たちは全員教室で摂ることになっていました。息子はこれにもびっくりだったようです。なにしろ、運動会といえば、家族でお弁当を広げるものと思っていたようですから・・・。でも、息子よ!あなたが言っていた通り「運動会」ではなく、「体育大会」ですから!残念!!

 ということで、親たちだけで、木陰でお弁当を食べました。その親たちも私たちのように輪になって食べている人はほとんどいませんでした。大抵は子供の出る競技の時間に来て終われば帰るといった感じでした。

2005.9
スポンサーサイト

純情息子の読書感想文

夏休みも後わずかになってきました。中学生の息子もいよいよラストスパートです。

 でも、息子は私と違って、先にやってしまうタイプです。私はまずは遊んでそれからギリギリの時間の中で宿題に没頭します。(これは今も同じ・・・)

 ドリルや自由研究はお盆の前にすべてやってしまった息子に残っている宿題は「読書感想文」。さすがに、本を読む時間は早々取れないので昨日ようやく読み終えたようです。

 もっとも、これも息子は1ページずつ丁寧に読んでいました。私はまず「後がき」。そして、ぱらぱらめくって面白そうな所を見つけるとその前後をちょっと読んで・・・。最後を読んで・・・。これでOK。感想は何とでも書けます。

 息子が読んでいる本は「バッテリー」。最初、担任の先生に「バドミントンをがんばっているからこんな本はどう?」と紹介されたのは川島誠の「800」。遅々として進みませんでした。

 「800」というのは陸上の800mの選手である2人の高校生が主人公ですが、いわゆるスポ根ものではありません。友情、恋愛(というより性)に悩む(一人はあまり悩まない・・・)男子高校生を描いています。息子にはちょっと難しかったようです。

 そこで、今度は「バッテリー」。こちらは児童文学なので、読むことはできたようです。でも、主人公は小学生とは言え、天才ピッチャー。気持ちを同化させるのは難しいかも。

 たぶん、息子は今日は感想文に取り掛かるでしょう。全く我が息子ながら感心するやらあきれるやら。私には考えられない几帳面さです。こんなに早く夏休みの宿題が終わってしまってもいいの?と心の中で突っ込んでいます。

息子が読書感想文を書いています。案の定「僕がこの本を読んで一番感じたのは・・・」と書いています。

 そのあとはあらすじに沿って「○○が~~したとき、僕はよかったと思いました。」とか書くんだろうな。

 私も似たようなものだったからアドバイスもできないし・・・。息子の中学校では課題図書ではなく、好きなものを読んでいいのでまだましかも・・・。

 私の高校の時は課題図書があってたしか1年の時が石川達三の「青春の蹉跌」、2年が井上靖の「天平の甍」、3年が夏目漱石の「こころ」。「天平の甍」はちょっと面白かったけど、感想を書くとなると別ですね。

 でも、中学の時に一度だけ賞をもらったことがあります。いつもは読んでも書くことがなくていい加減に書いていたのですが、その時は書くことが次から次ぎに出てくる感じでした。エドワード・ウィンパーの「アルプス登攀記」です。マッターホルンの美しさに圧倒されたのもこの時。

 伊藤整だったかだれだったか高校の頃読んだ文章に「若い時は二度とない。」というようなことが書かれていて「この人は何を分かりきったことを言っているんだろう。」と思ったものですが、今はその言葉を実感。若い人には読書でもスポーツでもがむしゃらにやって欲しいと切に思います。

 人との関わりもまた貴重な財産です。
2005.8
プロフィール

スカーレットレッド

Author:スカーレットレッド
平成5年生まれの我が家の一人息子。現在20歳です。実家を離れ、関東の片隅で一人暮らし。そんな息子にも天使のようなかわいらしい時期がありました。息子が小学生のころに書き始めたブログから「純情息子シリーズ」を再アップ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。